太陽光過積載とはソーラーパネルに接続されているパワーコンディショナーの容量を越えてソーラーパネルを接続する事を言います。パワーアップコンディショナーの容量を越えて発電された電気は電力として活用する事は出来ずに廃棄されてしまいますが、太陽光過積載にせずに通常の状態では、全ての時間においてパワーコンディショナーの容量の限界まで発電が行われているわけではないため、パワーコンディショナーの容量に空きが存在する事になります。そのため、太陽光過積載をする事によってその空きが存在する時間を減らす事で発電量全体で考えた際に通常の状態よりも多く発電する事が可能になります。また、一般的にソーラーパネルの耐用年数が三十年程になっているのに対してパワーコンディショナーの耐用年数は二十年程度と短い期間になっています。

そのため、太陽光過積載をしない場合にはパワーコンディショナーの耐用年数が短いために費用対効果が悪くなってしまっています。よって、費用対効果を高めるために太陽光過積載をした場合の方が発電量が増加するだけでなく、ソーラーパネルやパワーコンディショナーにかかる費用に対しての回収効率が上がります。しかしながら、注意点として過積載をしたとしても、費用に対して適切な発電量が得られない場合には、その投資は無駄になってしまうため発電量が適切に増加するかをシュミレーションし、またその結果、設備投資に対する収益が予測と一致しているか確認しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です