太陽光パネルとは、太陽光を活用して発電する板状のパネルのことを言います。太陽光パネルから送電線まで電線を引いてそのパネルを使って発電した電気を売電したり、家庭用や農業用の場合は、そのパネルが発電した電気を変電装置を使って家庭等で消費する大本となる装置です。このパネルについては、電機メーカー各社が販売していますが、どのメーカーを選択するかということについてパネルの機能を中心にみていきましょう。まず、太陽光パネルを検討する場合に着目すべきは、1キロワット発電するためにはどの程度パネルの金額がかかるのかという視点です。

売電にしても自家消費にしても発電量が大事となりますが、経済的に発電量を確保するためにはこの1キロワットあたりの設置単価を比較することで価格比較が可能となります。しかし、いかに単価が安くともそのパネルの発電量そのものが少ないと売電額が少なくなったり、自家消費分だけでは足らずに別途電力を購入する事態となります。そこで、1キロワット/時あたりの発電量、売電量で各社の能力を比較しましょう。設置単価が高くとも発電量が大きければ結果としてそちらの方が得になることがあるからです。

最後に、屋根等の場所の制約がある場合については、設置に必要な面積というものも押さえておきましょう。どんなに高性能な太陽光パネルでも屋根より大きいのでは設置することができません。この場合はセカンドベストのパネルを選択することになるでしょう。以上の視点を踏まえてパネルを選択するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です