会計士転職をするならば口を滑らせないこと

公認会計士としての資格を取得し会計事務所や会社に勤務したけども、そこで働き続ける事は考えられない人もいるでしょう。例えば対応が悪い場合などがこれに該当します。また、想像以上に人間関係が悪く、職場の雰囲気が悪いため早く退職したいと考える人もいるかもしれません。この場合には、会計士転職を考えると良いでしょう。

会計士転職をする場合、まだ他の職場を見つけるまでは今まで勤務していたところを退職しない方が良いですが、それ以外にも会計士転職をするときに考えておきたいことがあります。それは何かといえば、現在転職活動していることを勤務している会社に伝えないことです。例えば、よほど仲の良い人ならば伝えても良さそうですがその者の口が軽いかどうかによって変わってきます。うっかり口を滑らせて他にしゃべってしまう可能性もあります。

この時、しゃべったのは誰のせいかと言えばやはり自分自身の声と言わざるを得ません。自分がうっかり会計士転職をすること、そしてしていることを話してしまったことに問題があるわけです。もしその時に話さなければ、そもそもの火種はありません。口の軽い者とは、おしゃべりをよく知っている人です。

それに加えて、噂話等をよくしている者はそのような話を思わず第三者にしてしまう可能性があります。もし話をする場合でも、音の無口で誰ともしゃべらない位の人を選んで話すのが良いかもしれません。しかしやはりそれでも絶対しゃべらないといけないため言いたくても黙っていたほうが良いです。ちなみに多くの人に気づかれてはいけない理由は、この人はもうやる気がないに違いないと諦められてしまう可能性があるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です