会計士転職をする場合の基礎知識とは

会計士転職をする場合、どのような知識を持っていたらよいでしょうか。これらの知識があるかないかで成功するかどうか変わります。会計士転職で失敗しないための1つは、なるべく在職中に会計士転職の活動をすることです。現在勤めている会社があり、そこを退職しようと考えている場合でも、大抵の場合はすぐに辞めたいと感じるはずです。

円満退職と言うものはなかなか考えにくく、やはり会社に対して不満があるあるいは事務所に対して不満があるといった、なんらかのネガティブな事情があるため転職をするはずです。この場合、誰でもすぐに転職ができるわけではありません。少し我慢しなければなりませんが、少なくとも新しい職場が決まるまでやめないことが大事です。新しい職場が決まってからはすぐにやめても良いですがその場合でも最低1ヶ月以上は勤務しなければなりません。

今まで家とってくれたとこに対する御恩もあるかもしれませんがやはり常識的に考えて、すぐにやめてしまうのは問題のある行動です。一般常識としては、1ヵ月以上前に止めることを告げてその後辞めるならば問題ありません。会社側が止めたとしても、1ヵ月以上の猶予があれば会社側に問題があるはずです。転職をする場合も、転職先2ヶ月以上時間がかかると述べておいた方が良いかもしれません。

場合によっては1ヵ月たってもやめられない場合もありますが、事前に1ヶ月程度で止めることができるとの約束があれば、無断欠席をしても良いので新しい会社に行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です