監査法人だけ?会計士転職先

会計士の転職先の王道といえば、監査法人です。企業や財団など他の財務書類を監査したり、その信頼性を担保する役割を担っており、資金調達の円滑化、株主に対する責任など極めて重要な役割を果たしています。企業規模によっては複数人でチームを組むのも珍しくありません。このような業務は、監査法人の仕事の約90%を占めており、遺憾なくスキルを遺憾なく発揮できるので会計士転職の最有力候補となります。

会計士転職では、この他にも監査法人の経験がある場合は、法人の経理部への転職も考えられます。事業会社に転職するメリットは、福利厚生と退職金にあり、会計士転職先でも人気が高くなっています。また法人の内部監査部も、よく知られている転職先です。企業によっては監査役への出世の可能性があり、法人の意思決定に関わることもできます。

事業会社の経理や監査部に転職すると監査対応の担当者になることも珍しくありません。この他にも会計士転職先は多数あり、それぞれで求められるスキルが異なってきます。M&AやIPOなど他を手掛ける投資銀行系だと資産内容の調査能力が求められます。またマーケティングや販売まで幅広く対応する経営企画部であれば多彩な知見が必須、経営者の視点が求められる経営コンサルティング会社や投資家としての経験できるPEファンド、税理業務に関心がある場合は税理士法人などもあります。

会計士転職を刷る場合は、希望する業種と現在のスキルを勘案しながら検討することが大切です。会計士転職のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です