女性会計士転職は売り手市場で需要が高い

認定会計士の資格は女性にも人気が高いですが、女性にはいくつかのライフステージがあります。結婚をして出産、可愛い子供がまだ小さいうちは、できることなら子育てに重点を置いた生活をしたいですし、加えて資格を活かしての仕事もできたら最高です。まず知っておきべきなのは女性会計士転職市場の現状、厳しいどころかまさに売り手市場と言って過言ではありません。雇用をする企業側としたら一度採用したら、できるだけ長く勤めて欲しい願いを持っています。

この期待に応えられるのは性別で見たときにやはり女性、だから女性の会計士転職は決して難しいものではありません。なぜ女性は長く務める期待に応えられて、男性はそうとは言い切れないかですが、男性の場合は独立開業をするパターンが多いためです。いくら手厚く育てて待遇をよくしても、スキルアップと経験を重ねていつかはその企業を巣立っていく可能性が高く、長く勤務を希望している企業側としては少し残念に感じます。実際に士業に携わることになったら、最初こそ企業に勤めていても将来的に独立を果たし、自分の城となる事務所を持って力を試したいと考えますし、その考えを行動に起こすのは男性が多数です。

事務所の主として現状はほとんどが男性ですが、女性は士業の資格を得ていても、さほど独立志向は強くはありません。そんな背景や現状を理解している企業側ですから、女性の会計士転職は意外と有利、自信を持って次のベストな職場探しに励むことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です