会計士転職の流れを理解しよう

会計のスペシャリストとして今やなくてはならない存在となっているのが会計士です。会計士は企業が公表する財務諸表にお墨付きを与えるといった重要な役割を果たしているほか、企業決算のサポートや経営戦略の相談など、実に様々な業務に対応しています。しかも、近年は会計法令の複雑化に伴って、会計士へのニーズが固まっているところです。こうした状況から会計士転職する人も多くいて、会計士転職に関する求人も豊富に展開されています。

会計士転職の流れとしては、まずは求人情報をリサーチするところから始まります。インターネットや専門情報誌などを活用して自分に合った求人情報を探します。自分に合った求人が見つかったら、その求人にエントリーします。エントリーする際には履歴書や職務経歴書などといった必要書類を採用担当者宛に送付します。

送付方法は郵送のほか、インターネットで求人情報が掲載されている場合には、ネットからエントリーすることも可能です。書類が送付されたら一次選考である書類選考が実施され、書類選考をパスしたら面接の実施となります。面接は1度だけ行なわれる場合もあれば、2度、3度と複数回行なわれる場合もあります。また形式としては1人ずつ実施する個別面接、複数人と実施する集団面接、与えられたテーマについて議論して面接するディスカッション面接など様々にあります。

面接にパスしたら内定となり、健康診断や雇用契約書の締結などを経て、採用日に晴れて会計士として働くこととなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です