会計士転職における面接の意外な落とし穴

会計士への人気が高まっているなか、会計士転職を目指す人も増えています。企業の会計士へのニーズも高いことから、求人も多くなっています。会計士転職においても面接は重要なポイントとなっていますので、それを十分に攻略しておくことは大切となります。そんな会計士転職における面接では注意しておくべきことがあります。

通常、会場にたどり着いたら案内役に誘導される形で控え室に入り、そこで順番が来るまで待ちます。順番が来たら案内役に呼ばれて、案内役とともに面接が実施されている部屋へ向かいます。そして部屋に入室して面接官と面接を行ないます。それが終わったら、部屋を出て案内役に先導されて、出口へと向かい、会場を後にする、というのが面接当日の一般的な流れとなっています。

多くの人は面接官との面接だけが「面接」と考えがちですが、実はそこに大きな落とし穴があるのです。終了後、面接官は案内役を呼び、案内役から様々なことについてヒアリングをします。会場にたどり着いたときにはちゃんと挨拶をしたか、控え室ではマナーを守っていたか、退出するときも礼儀正しくしていたか、などについて案内役から詳しく聞き取ります。面接官は面接でのやりとりだけでなく、これらの情報も加味して採用を判断するのです。

つまり、面接は会場にたどり着いたときに既に始まっていて、それは会場から出るときまで続いているのです。面接当日はそのことを念頭において臨むようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です