会計士転職では履歴書がポイントとなります

会計士への人気が高まっている中、会計士転職に関する求人が多くなっています。そんな会計士転職の求人にエントリーする際には履歴書の作成は必須となります。履歴書には様々な記載項目がありますが中でも重要な項目となるのが、自己PRです。自分の強みをアピールする自己PRは、採用担当者の関心度も高いため、この項目を記載する際には十分に検討する必要があります。

記載ポイントとしては単に自分の強みを主張するのではなく、応募する会計士という職種に絡めて記載することが大切です。例えば、自分にはこういう強みがあり、その強みを会計士という職種で活かしたい、と言ったような内容で記載すると良いでしょう。また、志望理由欄も非常に重要な記載項目です。こちらも採用担当者が注目する記載項目ですのでしっかりと記載する必要があります。

志望理由欄の記載ポイントは単に会計士として働きたい理由だけでなく、エントリーする事業所を選んだ理由も併せて記載することです。例えば、自分はこういう理由で会計士として働きたいと思っていましたが、自分の会計士に対する理念と貴事務所が抱いている会計士の理念とが一致しているため、貴事務所で会計士として働きたい、と言った内容が良いでしょう。もちろん、綺麗な字で記入することが大切であることは言うまでもありません。すべての項目の記入が完成したら、何度も内容を読み返し、間違いがないかどうか、確認するようにしましょう。

以上を守ることが、会計士転職への成功の近道となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です