会計士転職を成功させる職務経歴書

会計士転職でも、最初は書類選考が行われます。まだ会ったこともない人を審査するのですから、書類に書かれている内容はとても重要です。提出する書類で成功のカギを握るのが職務経歴書であり、ただ単にだらだらとこれまでの経歴を並べただけでは印象には残りません。仕事を通して得たスキルや得意とする分野等をできるだけ詳しく記載することで、担当者に興味を持ってもらえます。

内容を考える際に重要なのが、これまでどのような経験をしてきたかではなく、転職後にどのような働きをするのかという部分です。このあたりをはき違えると、方向性を誤った書類が出来上がってしまいます。実際に書き始める前にキャリアの棚卸は必須です。会計士転職では事前にキャリアやスキルを確認して、職務経歴書にまとめることが最初のステップになります。

これまでの仕事を見直すことで自分を見つめなおすきっかけにもなり、今後のキャリアを決める上でも役立ちます。誰が読んでも分かるような内容にすることも重要であり、業界をよく知っている人でなくても理解できる内容にするのがベストです。選考にあたるのが専門知識を持つ人とは限りませんので、そのあたりの配慮も忘れてはいけません。入社後に実力を発揮して会社に利益をもたらすことができると思ってもらえることが大切です。

会計士転職でも他の仕事と同じように意欲的に仕事に取り組む姿勢を見せるのが効果的であり、その人だけの強みを持っていると採用されやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です