会計士転職は目的ごとに考える

会計士転職では、活動の仕方を目的ごとに考える必要があります。スキルアップを目指したい場合には、将来的に独立開業したいのか、スペシャリストとして活躍したいのか、キャリアアップして良い待遇を得たいのか等を具体的に考えます。それによって選ぶべき会計事務所が異なり、独立開業を目指すのなら一般的な事務所がベストです。スペシャリストになりたい時には特定の分野に強みを持っているところが望ましく、キャリアアップしたい時には大手の監査法人がお勧めです。

大手の監査法人では若い頃から様々な経験を積ませてもらえますので、他では得られないような経験をすることができ、人脈作りにも役立ちます。税理士試験に備えるための会計士転職なら、残業時間が少なくて仕事量が安定していることが大切です。複数の税理士が在籍している事務所では大きな仕事は税理士が行ってくれますので、フォローのような立場で仕事ができる可能性が高く、残業時間も短くなります。経営者で比較すると、高齢の経営者の方が安定した顧客を持っているために、仕事量も安定するようです。

どのような運営をするかでも仕事量は変わりますので、実際に勤務している人達の勤務状況を聞いてみると良いでしょう。ワークライフバランスを充実するための会計士転職では、多様な働き方が認められているかがポイントになります。在籍しているスタッフの構成をチェックしてみて、パートやアルバイトを多数雇っている会社は多様な働き方に理解があると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です