会計士転職を成功させるために気を付けたいこと

会計士転職を成功させるために気を付けたいことがいくつかあり、タイミングはとても重要です。一般企業から会計事務所に転職する場合には、会計事務所の繁忙期である年末から4月にかけて動き始めることが多いのですが、繁忙期は受け入れが難しいケースも少なくありません。この時期は一般企業では区切りが良いので、在籍している会社にも迷惑をかけずに済みますが、活動をしている時点で科目合格をしていても実務経験がないというケースでは、繁忙期の転職は難しいものになります。転職後に経験を積もうと思っていても、忙しい時期は先輩や同僚が多忙過ぎて仕事を教えてもらうことができず、入社後に本人も大変な思いをします。

即戦力であっても、時期を選べるのなら繁忙期を避けましょう。動き始めてから会計士転職が上手くいかないと感じるのは、本人の準備不足です。どのような会計事務所を選ぶのか、求めている環境はどのようなものなのか、条件面では何を重視するのかといった細かな内容を決めておかないと、動き始めてもなかなか決めることができず、中途半端な気持ちのまま活動が長引くことになります。求められる人物像をリサーチするのも必須であり、需要と供給がマッチしていると感じられる活動はスムーズです。

入る前は合っていると感じていたのに、入社後にミスマッチに気付くケースもあります。入社後に気付くケースでは明らかに会計士転職は失敗ですし、長く勤めることが難しいので再び活動を再開することになります。ミスマッチを防ぐためには、内容や条件だけでなく職場の雰囲気まで確かめることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です