Skip to content

屋根裏のねずみ退治の妙案です

招かれざる客の代表格に、屋根裏に住みついたねずみがあります。ふと気がつくと、食べものが散らかっていたり、天井のほうから何かが動く音が聞こえた、という経験は多くの人が持っているところです。実際、ねずみたちが演じる屋根裏での運動会は、大きな騒音被害です。実は、ねずみたちが走り回るというのは、彼らの持って生まれた習性でもあるのです。

ねずみ退治のためには、こういったねずみの習性をしっかりと押さえた上で取り組むことが大切です。実は、ねずみ退治の方法には思いのほか多くの種類があり、選択に迷うほどです。手法を間違えると、全く成果が得られないこともあります。よく使われる超音波法は、人間には聞こえない高い音を発信して、ねずみを寄せ付けないようにするものです。

実験した結果、超音波にねずみが反応することがわかり、その機能を活用してねずみを追い払うという手法なのです。厳密に言いますと、ねずみを殺すのではなく、追放するというものです。ねずみの嫌いな音でもって、ねずみが屋根裏に侵入することを防ぐのです。ただし、超音波法ですと、その家の構造次第で、超音波が到着しない場所にねずみが逃げ込んでしまうことも考えられます。

また、長い期間にわたって超音波を出していると、それに慣れてしまうねずみもいます。ほかにも、「ねずみホイホイ」と呼ばれている粘着テープによるねずみ退治法があります。ねずみを薬物を塗ったテープに接着させてしまう手法ですが、つかまえたねずみを人間が取り除かなければならないのが、大きな難点です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *