Skip to content

ねずみ撃退のための駆除と侵入の予防

日本には27種類のねずみが生息しています。その中でもドブネズミ、ハツカネズミ、クマネズミが一般にイエネズミと呼ばれ、家屋やビルなどの建物に住み着きさまざまな被害をもたらしています。まずはこのイエネズミの侵入を防止することがねずみ撃退の最初にすべきことです。ねずみが生息するのは餌の有無、巣を作る場所の有無、巣を作る材料の有無、自由に動き回れる環境の4つの要因があります。

餌は残飯の整理や食べ物くずの清掃でねずみの餌となるものを取り除き清潔にします。巣を作らせないようにするにはまず侵入経路を塞ぎます。外から侵入できそうな穴や隙間、壁の割れ目などを塞ぎます。特に巣を作られそうな暗くて人気がない空間があればそこに通じそうな箇所は入念に塞ぎます。

金網やパテなどで塞いだり、ねずみの侵入専用の仕掛けなども市販されています。ねずみは新聞紙などの紙類や布、ビニール袋、わらなどを使って巣を作ります。これらを取り除くことが大切です。物置や天井裏などねずみが巣を作るのに適した場所を整理整頓することが巣を作らせなくするとともにねずみが自由に動き回る環境を無くすこともねずみ撃退に繋がります。

また万一ねずみが侵入しても被害に遭わないように配線やケーブル、設備機器などをかじられないように工夫しておく必要があります。市販されているねずみがいやがる塗料などを塗布するのが効果的です。ねずみが住み着いてしまった場合は駆除します。市販の粘着式のネズミ捕りや捕獲用の仕掛けをねずみの行動経路において捕まえます。

このようにねずみの侵入の予防と捕獲がねずみ撃退には最適です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *