Skip to content

性格を知りねずみ撃退を効率的に行う

ねずみ撃退はある程度の性格を知ってから行うと効果が高くなり、成功する期待もできます。日本の家屋に侵入してくる可能性があるのは主に3種類で、ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミです。一番危険なのはドブネズミで性格が荒いため、下手にちょっかいを出すと噛みつかれたりする可能性があります。自力で見つけ出しにくいのはクマネズミで、警戒心が強く臆病であるため、人の気配を感じたりいつも通るルートに罠などがあると変化を感じてすぐに隠れてしまいます。

ハツカネズミは好奇心が強いため、罠などにかかりやすく比較的対応しやすくなります。罠や粘着シート、毒エサなどを利用すると、その後の処理をしなければならなくなるため、近づけさせないようにしたり追い出すねずみ撃退方法を行えば死骸を見たりする心配がなくなります。忌避剤に、スプレータイプと燻煙タイプ、設置タイプがあって、スプレータイプは現れたときに直接体にスプレーしてねずみ撃退を行ったり、通り道にかけることで近づけなくさせる方法とがあります。ある程度すると効果が薄れるため、数週間経ったら再度吹きかけておく必要があります。

燻煙タイプは煙を発生させて追い出す方法で、床下や屋根裏などに効果が期待できます。設置タイプは嫌がる香りがする薬剤を設置するだけの簡単な方法で、薬剤がなくなったら交換する必要があります。超音波を出す装置を設置する方法もありますが、人によっては無意識に聞き取れてしまう場合があって人が不快に感じたり、ねずみが超音波に慣れてしまう可能性があります。超音波でカラス対策のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *