Skip to content

ねずみ駆除の主な4つの方法

現在、ねずみ駆除用のグッズとして販売されているのは、バネ式の仕掛け、かご式の仕掛け、粘着シート、そして毒入りの餌の主に4種類です。バネ式の仕掛けというのは、よくアニメなどにも出てくるバネの力を利用してパチンと挟み込むタイプで、ほとんどの場合ねずみは圧死します。販売価格は500円~1000円程度と安く、何度も繰り返し使えるというメリットがありますが、駆除率は低く、死骸が残るというデメリットがあります。かご式の仕掛けというのは、ねずみをカゴに閉じ込め生け捕りにするタイプです。

駆除率ではバネ式の仕掛けとほぼ同じであまり高くはありません。また生きたまま捕まえるので、その後の処置に困るという人もいることでしょう。販売価格は1000円~5000円程度です。粘着シートはゴキブリを捕まえるときと同様に、強力な粘着シートをねずみの通り道に設置して捕獲します。

生きたまま捕獲するのでその処理が残るのと、餌におびき寄せるのではないので設置方法に工夫が必要です。販売価格は100円~500円程度です。毒入りの餌はねずみ駆除効率が最も高い方法です。販売価格は500円~2000円程度です。

小さな子どもがいる家庭の場合は、誤って子どもが口に入れることがないように注意が必要です。毒入り餌を食べたねずみは、見えないところで死ぬことが多く、蛆がわいたり、匂いが発生することがあります。このようなねずみ駆除のグッズが販売されていますが、いくつかの方法を組み合わせるとより効果的です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *