Skip to content

虐待にならない野良猫駆除のやり方

野良猫駆除は、迷惑をこうむっている人たちが行うので、捕まえたときなどにお仕置きをしようとする人がいますが、それは虐待になるので決して行ってはならない行為です。生き物は、最後まで大切に扱わないと動物愛護法にも触れてしまいます。毒エサなどもまいてしまうのも、ペットとして飼われ放し飼いされている猫や、鳥なども食べてしまう可能性があるためあまりお勧めできません。オリを仕掛けて捕まえたら、保健所あるいは動物保護を行っているところに持ち込むのが得策です。

保健所だと殺処分されてしまう可能性がありますが、ネコがほしい人に引き取られる可能性があります。動物保護団体は有料で引き取っていることが多いので、あらかじめ金額を確かめておいた方が良いでしょう。捕まえた猫をそのまま遠くに放しに行く方法を行うこともできますが、去勢・不妊手術されていない場合そのまま放ってしまうと数が増えてしまうので、費用を出せる方は動物病院で手術を受けさせると後々被害を減らしていくことにつながります。自分で里親探しを行ってもよいですが、見つかるまでエサや水をあげたり、トイレのしつけを行わないといけなくなります。

野良猫駆除で、捕まえることが嫌なら忌避剤をまいたり、猫が通ると音を出して追い払うことができる装置なども売られているので、いくつか設置しておくと猫に通りたくない場所だと思わせることができます。近所にエサやりをしている人がいると野良猫の侵入が増えるので、エサをあげないように注意したり市役所などから注意してもらうように連絡を取るとよいです。野良猫駆除は自分だけでは対応が難しい場合が多いので、地域の迷惑に感じている人々と協力して対策を講じましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *