Skip to content

野良猫駆除の注意点について

野良猫駆除のために、ペットボトルを置いたり、石を投げて追い払うなどの方法はずっとやり続けないと意味がなく、夜行性のため、荒しにくるのは、眠っている間です。

追い払ったとしても安全だとわかればまた荒らしに来るため、ずっと見なっているということも不可能です。また、大きな音などは、近所迷惑につながるため、それも現実的ということはできません。野良猫駆除のためには、猫は学習能力があるので、フェンスなどを設置していたとしても設置していないところから簡単に侵入してしまうため、敷地が広ければ、その分大量設置しなければいけないということで、費用が多くかかってしまい、隙間あればそこから簡単に侵入してくるので、完全に野良猫駆除をすることにはつながりません。

かといって、野良猫駆除が虐待となって動物愛護法に違反してしまうことがあるため、食べ物に有害な漂白剤を混ぜて食べさせる方法などは自分が加害者となってしまうことがあるため、注意が必要となります。野良猫駆除には、専門の業者も存在します。ただし、動物愛護法に引っかかるかどうかグレーな部分があるため、大々的な宣伝はされておりません。また、便利屋などで請け負っている地域もあります。そういった業者を探す際には、まず、保健所に相談することで、保健所が動いてくれることはありませんが、依頼をどこにすればよいかなどの相談には乗ってくれます。また、駆除する前に地域で話し合いをすることも大切です。駆除したせいで、地域トラブルに発展してしまう可能性があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *