Skip to content

野良猫駆除方法について

庭を荒らされたり、屋外に置いておいた生ゴミをちらかされたり、はたまた庭の植え込みに糞尿をされたりと、野良猫による被害にお困りの方も多いのではないでしょうか。

特に猫の糞尿は大変臭いがきつく、とても迷惑です。猫の習性として、糞尿をする場所は決まっているので、その猫がトイレと決めたら毎回同じ場所で糞尿をするようになるので厄介です。そんな厄介な野良猫駆除についてですが、多くの人が先ず思い浮かべるのが保健所ではないでしょうか。

犬の場合は狂犬病予防法により、野良犬も飼い犬の証である首輪が付いていても保健所に連れて行かれます。しかし、猫の場合は飼い猫と野良猫の判断が区別しにくいため、よほどの大怪我や子猫でない限り保健所では保護してはくれませんので、野良猫駆除は難しいです。おまけに、いくら保護してくれるからと言っても、保健所に連れて行かれるのは可哀想と思う方も多いはずです。そこで、自分でできる野良猫駆除の方法を紹介します。まずは、野良猫が庭で糞尿をして困るのであれば、猫が来た時を見計らって水をかける事です。

猫は水が苦手なため、「ここに来るといやな事が起きる。」と認識させれば近寄らなくなります。また、野良猫が糞をする場所は、糞を取り除き漂白剤を撒くことが効果的です。自分の糞の臭いが無くなることで、「ここは自分のトイレ」という認識も無くなります。さらに、庭に猫の嫌いな木酸液や柑橘類の皮を置くことで野良猫の浸入を防止できます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *