Skip to content

難しいいたち駆除も複数の方法を併用して対応

いたち駆除は本州に広く分布していることから全国で行われていますが、噛まれたり引っかかれたりする可能性もあるため、自分で捕獲することは容易ではありません。

捕獲駆除するためには市町村などに書類の提出も必要になりますから、業者に依頼したほうが簡単です。似ていても違う動物も日本にはたくさんいて、特別天然記念物などを間違えて捕獲して処分すると処罰対象ですから、プロに依頼したほうが安心です。いたち駆除を失敗しないために、業者では調査やテストを行い、捕獲や駆除方法を選択したり利用する道具などを決めていきますから、現地調査もよく行わないで、単純に罠を設置するような業者だと捕獲ミスも多く、効果が実感できない事がありますので、丁寧な調査を行ってくれるところを選びましょう。

天井などを走り回る騒音だけでなく、糞尿の被害もありますし小動物や昆虫などの食べかすが天井に溜まる可能性もありますから、早期に対応することが大切です。いたち駆除を行うときには、通り道に罠を設置するだけでなく、住み家にしている場所に忌避剤や超音波発生装置などの機械を設置して、複数の方法を併用したほうが、捕まえられる可能性が高まるため、複数の方法が採用されることが多くなっています。1頭だけでなく、オスとメスや子供など数頭棲みついている可能性もあるため、罠にかかった後もしばらく様子を見る必要がありますし、駆除後の天井の清掃や消毒を行い、侵入口を塞ぐ対応も必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *